MENU

 

日差しが強くなってくると、日焼け止めを使うことにより肌を紫外線から守ろうとしますが、実は紫外線による影響は夏だけではありません。紫外線はオールシーズン降り注いでいます。そして紫外線を受け続けると肌が刺激に弱くなり、シミやそばかすなどの色素沈着が出来やすくなってしまいます。そのため、肌を守るためには常に日焼け止めを利用することが必要なのです。

 

 

しかし、塗るタイプの日焼け止めは使いにくく、ついつい怠ってしまうこともあります。特にオールシーズン使うとなると、プールやレジャーの際に何度も塗り直す必要があったり、塗り忘れた部分が焼けてしまったり、気にしていなかった部分がいつの間にか焼けてしまう場合があります。また、肌が敏感な場合は塗るタイプの日焼け止めは刺激が強く、肌荒れを起こしてしまう場合もあります。そんな時におすすめなのが飲む日焼け止めです。

 

 

飲む日焼け止めは毎日服用するだけで全身の日焼け止め効果があるので、塗り忘れによりいつの間にか焼けてしまうという心配がいりません。また、塗り直す必要もないので、レジャーやアウトドアを思いっきり楽しむことができます。また、塗るタイプの日焼け止めはしっかり洗わないと落ちにくいというデメリットがありましたが、飲む日焼け止めならそのような心配はいりません。そしてこれなら敏感肌の方でも安心して使えるので、肌に刺激を与えず日焼け止め効果をしっかり得ることができます。

 

 

このように肌をしっかりと守り、美肌になるためにはオールシーズン日焼け止めを使う必要があります。しかし、塗るタイプは肌に刺激を与えたり、塗り忘れにより日焼けをしてしまう場合もあります。そのため、オールシーズンしっかり肌をケアするなら飲む日焼け止めがおすすめです。