MENU

 

夏場が近づいて段々と日差しが強くなってくると、多くの女性にとって日焼け対策は大きな課題となるでしょう。お肌を美しい状態に保つための大敵となるのは、紫外線によって皮膚の中で盛んに生成されるようになるメラニンという色素です。メラニンの生成によってただ日焼けをするだけではなく、しみやくすみなどの肌トラブルを生じさせてしまい、後々まで悪い影響を与えてしまいます。

 

 

しかし暑いシーズンには、日光に含まれる紫外線から身を守るための衣服も、どうしても袖の無いものなどの薄着となってしまうため、多くの人が日焼け止めを塗るという方法を選びます。ただここで気になるのは、自分は敏感肌だと言う人の日焼け対策として、日焼け止めは適しているのかという点です。お肌を守るために使用する日焼け止めがあだとなって、お肌に悪い影響を及ぼしてしまうようでは、本末転倒と言わざるを得ないからです。ただ近年では、敏感肌の人でも使用できるようにと、刺激の少ない日焼け止めがいくつも販売されるようになっているので、気になる人はそういった商品を選ぶと良いでしょう。

 

 

しかしそういった商品でも、自分のお肌には合わないのではないかと心配する人には、飲む日焼け止めを使うという方法があります。飲む日焼け止めとは、日焼けを防止するという働きを持つサプリメントのことです。塗るのではなく飲む日焼け止めであれば、敏感肌でも気にしないで使うことができるという大きなメリットがあるのですが、実際の効果はどうなのかについては気になるところでしょう。もちろん商品の種類によって配合する成分に違いがありますし、使用する人との相性も関係して来るでしょうが、その多くは紫外線によるメラニンの生成を抑制する効果があると報告されている成分を含んでいるので、効果については十分に期待できると言えるでしょう。