MENU

 

近年はすっかり美白がブームになっていることもあり、室内で過ごしていても日焼け止めクリームを塗布するという方が少なくありません。そのため、各メーカーから販売される美白アイテムの数も増加傾向になってきており、市場全体が拡大しています。選択肢が増えたものの、自分に適するものが選定し難くなってしまったという悩みを感じるようになった方が増加しているのも事実です。

 

 

正しく選定しなければ効果が得られず美白が損なわれてしまう上に、表皮に対する負担が大きなものになってしまい肌質自体が劣悪になる恐れがあるので、合っているものを選ぶというのは絶対条件になります。そこで、選出する際に考慮すべきなのは個々によって異なる肌の色や体質により日焼けが始まる時間に差異が生じるということです。実は生まれつき白い方の方が色黒の方よりも早く影響が出始めるという結果があり、既に比較的黒い方は30分で焼け始めるものの色白の方は20分で赤みを帯びてきます。

 

 

こうした情報を念頭に置いておき製品選びをする時は、SPFという数値に着目することが大切になり、数字によってどれだけ日焼けによる悪影響を先延ばしにさせられるのかがわかります。つまり、製品に30という記載がされているのなら、何も使用していない時に比べて30倍もの時間が延ばせるということになります。

 

 

そして、極めて敏感肌の方などは低刺激性のクリームであっても肌荒れが起こってしまうという方も多いのですが、そういった方は飲む日焼け止めが重宝します。飲む日焼け止めは従来型とは異なり皮膚に液剤を塗布しないため炎症の他に不快感も無く、触れるものに成分が移ってしまうこともありません。さらに、内面からメラニン色素に訴求できるため、後日発生するシミなどを高確率で食い止められます。